ochiaiの備忘録

読んだ本や、パソコン関係の話などまとまり無く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3択問題:回答と解説

金曜日に書いた問題の回答と解説です。

正解:3

解説:

1. CG(ゲームのワンシーン)
「Grand Theft Auto IV」-2

PC版『Grand Theft Auto IV』のスクリーンショットです。
表現力強化MODのiCEnhancer最新版とその他いくつかのMODが組み込まれています。
ネタ元:PC版「Grand Theft Auto IV」はここまで美しくなる、iCEnhancer最新バージョンの恐るべきスクリーンショット集
※Grand Theft Auto=アメリカのコンピュータゲーム、タイトルを直訳すると゛車両窃盗”
※MOD=ゲームの簡易拡張パック


2. 絵
realistic paintings 4

アメリカのハイパー・リアリズムの画家Richard Estesによる絵です。
ネタ元:Hyper-Realistic Paintings by Richard Estes


3. 写真
Hdr-101 in 35 Fantastic HDR Pictures

HDR(High Dynamic Range-technique)によって撮影された写真です。
HDRは露出を変えながら写真を何枚も撮影し、それらを合成して白とびや黒つぶれのない写真を作る技術です。明るい部分も影の部分も両方綺麗に写った不思議な写真が撮れます。
iPhone4でもHDR写真は撮影できるそうです。持っている人は試してみてください。
ネタ元:35 Fantastic HDR Pictures

3択問題:どれが本当の写真でしょーか?

以下の3つの画像の内、2つは人工的に作られた物、本物の写真は1つだけです。
写真はどれでしょーか。
正解と解説は7/24(日)に公開します。

1.
「Grand Theft Auto IV」-2

2.
realistic paintings 4

3.
Hdr-101 in 35 Fantastic HDR Pictures

※回答公開日付書き間違えてました 7/31→7/24

愛用している常駐ソフト

常駐ソフト

パソコンを軽くするため常駐ソフトはなるべく減らすよう努力しています。しかし、どうしても消せないソフトが4つ有ります。
 不便さや不安に耐え切れず、消してもまた元に戻してしまったソフトたちです。

『無いと不安』

ウィルスバスター(一番右のアイコン)
セキュリティソフト
重いけど無いと不安

Real Synk(右から二つ目)
バックアップソフト
My Documentsの中身を30分ごとに外付けのHDDにコピーさせています。
幸い、まだノートパソコンのHDDが壊れたなどの事故にあったことは無いのですが、バックアップを取っているのと無いのとでは安心感が違います。

『無いと不便』

xkeymacs(右から4つ目)
emacs風にキーボードショートカットをカスタマイズするソフト
emacsのショートカットが指に染み付いているので、ないとどうにもならない。
C-hで文字を消す癖がついているため、Back Space まで指を動かすのすら
めんどくさく感じます。

Dropbox
(一番左)
ファイル同期ソフト
2台パソコンを持っているので同期に使っています。
もう、いちいちUSBメモリでデータを移していたころには戻れません。

launchy
(タスクトレイには表示されていない)
キーボードランチャーソフト
ソフトの名前を入れるとその名前のソフトをスタートメニューから検索してくれます。検索された候補の中から起動させたいものにカーソルを合わせEnterで起動。学習機能があるので使用頻度の高いソフトほど上に来ます。
ショートカットの場所を覚えるよりより必要なときに検索たほうが早い

メールアドレスがきずいたら10個にまで増えていた

普段はgmailをメインのメールアドレスとして使っているのですが、Webサイト登録用に取ったHotmailのアドレスやら、livedoor mailのアドレスやらほかにもいくつかWebメールのアドレスを作っていました。
 
 アカウントのユーザー名や、パスワードはKeePassで管理していたので、mailで検索をかけ整理してみるといつの間にかここまで増えていました。そのうち整理しないと・・・

ダースベーダーに乗り移られたハードディスク

Gizmodo Japaneを見ていたらこんなの見つけました。なぜか視ていると笑えてきます。

ダース・ベーダーのテーマソングを奏でるハードディスク(動画)

 たぶん、ハードディスクのヘッドを直接操作して、単位時間当たりに何回カタカタいわすかで音程を再現しているんでしょうね。
 同じ音を短い間隔で繰り返すと、音と音の感覚が狭いほど高い音に聞こえるという話を以前『世界一受けたい授業』で視たような気がします(うろ覚え)。

≪ BackHome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。