ochiaiの備忘録

読んだ本や、パソコン関係の話などまとまり無く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Catch=非公開Twitter(EvernoteとCatchの使い分け)

catch_screenshot
※画像はタグの一部とユーザー名の部分を加工しています。


 以前は気になる情報をすべてEvernoteに集めていた。しかし、今はEvernoteCatchに分けて管理している。

 使い分けの基準は以下の通り。
Evernote:Webクリップなどコピーしてきた情報
Catch:自分で書いたメモ、撮影した写真


EvernoteとCatch


 Evernoteはメモサービスの定番だ。文章、画像、Webクリップ、PDF、officeファイル(プレミアム限定)など保存できるファイル形式が非常に多い。Web、Windows、Mac、iphone、iPod touch、iPad、android端末などほぼすべてのプラットフォームに対応している。
 一方CatchはEvernoteに比べるとマイナーかもしれない。
 Catchのイメージは非公開Twitterだ。Evernoteのように文字の装飾を加えたりWebページをクリップしたりすることはできない。
 できることはTwitterとほぼ同じだ。短いメモを書くこと(文字数制限はないが、入力エリアが小さいので短いメモになりやすい)、ハッシュタグをつけること、そして画像をアップロードすることだ。


Catchの長所


 Catchの長所はiphoneアプリであるCatch notesと併せて使ったときに発揮される(android版はこちら)。
 Evernoteではメモはクラウド上に保存され、見る度にダウンロードしている。Web上のデータが主でiphoneアプリは単なるビューアという扱いだ。一方Catch notesはローカルにデータを保存している。ローカルにもデータを保存しているのでメモが表示されるまで時間がかからない。メモ一つ一つが短く、文字装飾もないため同期にかかる時間も短い。
 iPod touchを使っている私としては、外出先でデータが見えると言うだけでかなりうれしい。iPhoneを使っていたとしても、反応の速さは役に立つだろう。


使い分けのメリット


 Evernoteにすべての情報を集めていたときは、欲しい情報を探すために検索する必要があった。大量のWebクリップに押し流されて、昔のメモが探せなくなってしまうからだ。
 しかし、自分で書いたメモや取った写真だけCatchに集めるようにしてからは、検索の必要は無くなった。Webクリップに比べれば、自分で書いたメモは少ししかない。そのため、スクロールするだけで目当ての情報が見つけることができるようになった。
 iPhoneで使うときこの違いは大きい。普段は気にならないが、人を待たせているときは、検索ワードを入力している時間を長く感じる。スクロールするだけなら「えーと」といっている間に目当ての情報が見つかる。


Webクリップは使わない


 Webクリップは数クリックで作れるため、気軽に作ることができる。しかし、気軽に作ったWebクリップは作ったことすら忘れてしまい、役に立たなかったりする。しかし、自分で文章を考えて書いたメモは、それを書いたという記憶が残っているため、後で使う頻度が非常に高い。実際、私はCatchを使い始めてから、Evernoteをほとんど見なくなった。
 EvernoteWebクリップもGoogle bookmarkとGoogle web historyに移行できないかと考えている。私がWebクリップを検索する時は「以前どこかのWebサイトで見たはずだけど、どこで見たかわからない」という情報を探している場合が多い。それなら、google web historyを検索した方が早いのではないかと思う。
 仮に元のWebページが消えていてもキャッシュから復活させられる可能性が高い。
スポンサーサイト

≪ 記憶力増強チップホーム野生の大樹のようなストーリー『はてしない物語』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。