ochiaiの備忘録

読んだ本や、パソコン関係の話などまとまり無く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生の大樹のようなストーリー『はてしない物語』

ミヒャエル・エンデ
岩波書店
発売日:1982-06-07


 この本を書いているときミヒャエル・エンデさんは楽しかっただろうな、と思う。本の所々で本筋から脱線し、話の展開には直接関係のないファンタジー設定の解説が始まる。いや所々の騒ぎではない、本の大部分がそういう脇道の話で出来ている。伏線かと思って読み進めても、結局その設定は本筋にかかわらないまま終わる。
 きっと書いている途中でファンタジーの設定を思いつき、我慢できずに書きこんでしまったんだろう。私はそう予想している。作中には、それだけで1冊のファンタジー小説が書けるほどのアイディアがいくつも詰め込まれている。
 例えば、岩石人間の生態についてやたら詳しく解説されていたり、チラッと出てきた脇役のその後の運命が走り書きしてあったりする。
 
 「この話面白いな」と思ってもたいてい「これは別の物語、いつかまた、別のときにはなすことにしよう」というフレーズで終わってしまうのだが。

 最近はこういう、アイディアで読ませるファンタジーをあまり見かけない。昔の作品なら『ジム・ボタンの冒険』とか『魔法のカクテル』とかいろいろ有ったのに………、と思って調べてみたら2冊ともミヒャエル・エンデ作らしい。彼が特殊すぎるのか? いやでも『チョコレート工場の秘密』のロアルド・ダールさんもいる。最近では『ネシャン・サーガ』のライフ・イーザウさんもいる。アイディアで読ませるファンタジーは今でもどこかで執筆されているはずだ。
 個人的にはそういった作品こそが“正統派ファンタジー”だと思いたい。

 おそらく、書かれてはいるが売れていないのだろう、アイディアで読ませるタイプは。代わりに売れているのが『ハリーポッター』や『ダレン・シャン』などのキャラクターで読者を惹きつけるタイプだ。
 別にキャラクターで読ませるタイプが嫌いというわけじゃない。むしろ『ダレン・シャン』とかは好きだ。でも、正直お行儀が良すぎる気がする。
 ストーリーに一本筋が通っていて無駄がない。まるで植林された木のようだ。
 個人的にはもっと無駄に枝が生い茂っていたり、幹が曲がっている方が好きだ。こういう野生の大樹みたいな話は力強い、独特の魅力を持っている。
スポンサーサイト

HomeNext ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。