ochiaiの備忘録

読んだ本や、パソコン関係の話などまとまり無く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MobileOrgがDropbox対応

 MobileOrgがついにDropbox経由での同期に対応しました。
 ちなみにMobileOrgとはiphone/ipod touch用のメモアプリです。emacs上のメモ・Todo・予定機能であるorgmodeとの同期が可能で、一度同期させればオフラインでもメモやTodoの閲覧できます。

 Dropboxを使って同期させるには基本的にMobileOrgの本家サイトに書いてある通りにすればOKですが、一応、簡単な設定手順を書いておきます。

0.Dropboxのアカウントを作る
 http://www.dropbox.comに行きDropboxのアカウントを作る。(すでにアカウントを持っている人はそれを利用してもいいでしょう)

1.MobileOrgを最新のバージョンにアップデート
 バージョン1.3以降ならDropboxに対応しています。

2.MobileOrgにDropboxのアカウントを登録
 MobileOrgを起動し、右下に有る"Settings"をタップします。"WebDAV"、"Dropbox"と2つボタンが並んでいる部分から"Dropbox"をタップし、Dropboxに登録したのと同じ"Email"と"Password"を入力します。"Index File"はindex.orgのままにしておいけば問題ないはずです。設定が成功するとDropboxフォルダ直下にMobileOrgというフォルダが出来ます。

3. .emacsの編集
 すでにorgmodeを使っている人は以下の2つの設定を加えるだけで使えるはずです。

;; MobileOrgで新しく作ったノートを保存するファイルの名前を設定
(setq org-mobile-inbox-for-pull "~/org/flagged.org")
;; Dropbox直下のMobileOrgフォルダへのパスを設定
(setq org-mobile-directory "~/Dropbox/MobileOrg")


 設定が終わったらemacsを再起動させます。

4.ファイルの同期テスト
 emacs上で"M-x org-mobile-push"を実行。~/Dropbox/MobileOrgの中にファイルが作られたことを確認し、MobileOrgから同期をかけて見ましょう("Outline"をタップした後右上に表示される輪っかになった矢印をタップします)。



使ってみた感想


 今まではWebDAVサーバーを使ってemacsとMobileOrgを同期させていたのですが、ファイルをWebDAVサーバーにアップロードする間emacsが操作出来ず、不便さを感じていました。Dropbox経由ならファイルをローカルでコピーするだけなのでほぼ一瞬で終わります。またされないっていうのはいいですね。
 あと、今までwindowsではcygwin上のcadaverを使ってWebDAVサーバーと同期させていましたが、これからはDropboxとemacsだけインストールすれば同期が可能です。新しくパソコンを買った時の設定作業も楽になりそうです。
スポンサーサイト

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。